第一条(名称)

本会は、日本経頭蓋MRガイド下集束超音波治療研究会と称する。

第二条(目的)

本会は経頭蓋MRガイド下集束超音波領域における診断・治療の最新の話題について発表・討議し、集束超音波診療レベルの向上と日本における経頭蓋MRガイド下集束超音波診療に貢献をすることを目的とする。

第三条(事業)

本会は、第二条の目的を達成するために次の必要な事業を行う。

(1)研究会の開催 (原則として年1回開催する)

(2)国内関係学会との交流

(3)その他本会発展のために必要な事業

第四条(構成会員)

本会は第二条の主旨に賛同する医師および研究者並びにその他の医療関係者をもって正会員とする。
本会の目的に賛同し、その事業を援助する個人または団体を賛助会員、共催会社として別途もうける。

第五条(役員)

1、本会には下記の役員を置く。

(1)顧問:FUS治療の普及発展に多大な貢献をした個人

(2)世話人:FUSに携わる医師で、FUS導入施設または役員が推薦した個人で、本会の意思決定機関である世話人会を構成する。

(3)幹事:FUS導入施設が推薦した個人で、世話人を補佐し本会の運営を行う。

(4)代表世話人:世話人より選出され、本会及び世話人会を代表する。

(5)副代表世話人:世話人より選出され、代表世話人を補佐する。

(6)会計:本会の運営予算の適切な執行について監査を行う。

(7)事務局幹事:世話人または幹事より選出され、本会運営事務の取りまとめを行う。

2、代表世話人、副代表世話人、事務局幹事、会計、会計幹事は世話人から選出され、その任期は3年とする。

六条(世話人会)

(1)世話人会は、役員により構成される。

(2)代表世話人は世話人会を組織し、会の運営を図る。

(3)本研究会開催は当番制とし、世話人会で、次回の研究会大会長を選出する。

(4)世話人会は年1回、本研究会開催前に開催する。

(5)世話人会は最高の意思決定機関とする。

(6)世話人会の議案は、役員から発案し、世話人会で協議する。

(7)世話人会には共催会社の同席を認めるが議決には加わらない。

第七条(会則変更)

本規約の変更は、世話人会出席者(委任状を含む)の過半数をもって決議される。

第八条(会計・会費)

本会の経費は会員からの会費、参加費・その他の収入をもって当てる。予算および決算は世話人会の議を経て承認を受ける。

(1)正会員の年会費は無料とする。

(2)研究会参加者は大会毎に参加費を納入するものとし、参加費は当該年度の大会長が決定する。

(3)賛助会員の会費は1口10万とする。

第九条(会計監査)

本会の収支決算は毎年会計年度終了後に会計が作成し、世話人会に報告しなければならない。

第十条(事務局・連絡先)

本会の事務局を以下に設置する。

事務局東京女子医科大学 脳神経外科
事務局担当阿部 圭市
住所〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1

本会の運営事務局(連絡先)を以下に設置する。

運営事務局アップローズ株式会社
住所〒440-0851 愛知県豊橋市東小田原町48-201
E-mailinfo@mrgfus.jp
TEL0532-21-5731
FAX0532-52-2883

付則(施行細則)

本会の会計年度は毎年4月1日より翌年の3月31日までとする。
本規約は令和2年4月1日から施行する。